このページの本文へ

1999.9.9――9が並ぶゾロ目のこの日、名古屋市のビジネス街にツクモ栄店がオープン

1999年09月13日 00時00分更新

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷


パソコン専門店大手のツクモは、名古屋市栄に全国16店舗目となる大型パソコンショップをオープンした。ツクモの新しい店舗展開を予感させるそのコンセプトに迫る。

オープニングセレモニーでテープカットにのぞむ鈴木社長(写真中央)オープニングセレモニーでテープカットにのぞむ鈴木社長(写真中央)



ビジネス街のど真ん中

ツクモが名古屋で5番目になる店舗をオープンしたのは、電脳街として知られる大須地区ではなかった。栄三丁目、広小路通と本町通の交差点、向い側には東海銀行本店がある、東京でいえば日本橋界隈にあたる。金融や証券会社の本店・支店が軒を連ね、近くには名古屋証券取引所もある中京地方随一のビジネスエリアだ。

オープン当日の朝。オープニングセールのために前日から並んだという人々の列を、出勤途中のサラリーマンやOLたちが“何か?”と見て通る。これまでこの街にはなかったパソコン専門店の進出に人々の戸惑いと期待が感じられる。

店舗は名古屋の金融ストリートに面している店舗は名古屋の金融ストリートに面している



ツクモの構想

オープンに先立って行なわれたセレモニーで挨拶に立った鈴木社長は、栄店の意義について次のように語った。
「ツクモ(九十九)にとって、今日は千年に一度の吉日。業界の常識を破って、9月のしかも木曜日にオープンするのには、この日が当社にとって特別な意味を持つことのほかに、もう1つの意図がある。この栄地区はビジネスマンとOLの街。だから平日にオープンしたかった。また、仕事帰りに立ち寄ってもらえるように、営業時間も平日は夜8時までにした。この店は、ネットワーク社会における都市型店舗のテストケースにしたい」

また、社長は同社の好調な売り上げを示しながら、2002年の店頭公開に向けて取り組んでいることを発表した。またこの先、年3店舗のペースで拡大していく計画だとも語った。

オープン記念挨拶でこれからの店舗展開について語る鈴木社長
オープン記念挨拶でこれからの店舗展開について語る鈴木社長



名古屋のパソコンショップ事情に変?!

これまでツクモは名古屋地区では大須地区に3店舗、名駅近くに1店舗を展開していた。これらのエリアを訪れる層には明らかな違いがある。

名古屋市在住者の多くは、大須地区に足を運ぶ。学生や若いサラリーマン層が多い。ここは激戦地区で値引き合戦に巻き込まれる恐れもある。それに比べ、名駅店は名古屋駅を使って通勤している人たちがターゲットだ。東京では新宿地区の様子を思い浮かべればよい。

そして、栄。ライバル店は今のところない。ターゲットはずばりエリートビジネスマン層と法人。店内がもっとも込み合うのは、昼休みと退社時刻後になるはずだ。

店内ではスーツ姿の人々が情報を集めている
店内ではスーツ姿の人々が情報を集めている



気になる中味

オープン初日。入場制限された店内は、前日の新聞チラシを見て集まった人々でごった返していた。バーゲン用のワゴンに載せられていたサプライ品は見る見る消えていった。値札には、店名を意識した“9”が並んでいる。SONYの『aiBO』をはじめ応募によって当たるオープン記念品も99(!)人分。

限定特価品は次々に“売り切れ”になった
限定特価品は次々に“売り切れ”になった



さて、店舗は1フロアー。スタッフ10人。レイアウトに関していえば、ツクモが力を入れてきたDOS/Vパーツのスペースが他のコーナーより広いことか。ほかはごく普通。記者(野田)はに、総花的に何でも並べてあるといった感じがした。役割が明確に分かれている大須エリアの3店と比べて、それそれのコーナーでの品揃えが多いとは言えない。

栄店がアンテナショップの役割を担うのは理解できるが、社長のいう”ネットワーク社会における都市型店舗”というコンセプトは、記者から見ると、まだぼやけている。

全国的にもシビアだと言われる名古屋のユーザーにいかに効果的にアピールできるのか、オープンセールが終わってからが本当の勝負になる。

店内で最大のスペースのDOS/V パーツコーナー
店内で最大のスペースのDOS/V パーツコーナー



≪野田ゆうき≫

ツクモホームページ 
http://www.tsukumo.co.jp/

●店舗情報 住所 愛知県名古屋市中区栄3-1-1 広小路第一生命ビル1F 電話番号 052・238・7399 営業時間 AM10:45~PM20:00(月曜~土曜)/AM10:15~PM19:00(日曜・祝日) 定休日 毎週水曜

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン