このページの本文へ

シャープ、『アイプリメーラ』が好調な滑り出し

1999年07月28日 00時00分更新

文● 編集部 中野潔

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

シャープ(株)のプリンター一体型メール専用端末『アイプリメーラMA-10』が、28日の発売を迎えて好調な滑り出しを見せている。月産目標台数の1万台を超える引き合いが寄せられている。新しいカテゴリーの製品のため、既存の特定の製品に打撃を与えるということがなく、その点が販売店側に受けているという。

MA-10は、プログラムがROMになっているため、起動およびシャットダウンが速い。また、カラープリンターを一体化しているため、設定および操作が容易である。インターネットのWWWおよびメールだけが使えればいいというユーザーには、取っ付きやすい商品に仕立ててある。ワープロソフトやハガキ(年賀状など)作成ソフトもあらかじめ搭載している。

MA-10では、メールアドレスが5つまで、設定できるようになっているので、家族で共有できる。アドレスごとに“合い言葉”を指定することで、個人のセキュリティーを保つ。

なお、発売日の28日に、インターネット番組表、家族の部屋、文例提供サービス、服部先生の料理レシピ--のMA-10向けWWWページをスタートさせた。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン