このページの本文へ

日本HP、企業向けデスクトップ『HP NetVectra』に、新製品5モデルを追加

1999年07月26日 00時00分更新

文● 編集部 白神貴司

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

日本ヒューレット・パッカード(株)は、同社が企業ユーザー向けに販売しているデスクトップパソコン『HP NetVectra』シリーズに、新製品5モデルを追加、8月1日に販売を開始する。



HP NetVectraシリーズは同社が今年4月に発表した、幅300×奥行き310×高さ90mmという省スペースタイプの筐体を採用したデスクトップパソコン。今回追加されたのは、CPUにPentium III-450MHzを搭載する1機種3モデルと、Celeron-400MHzを搭載する1機種2モデルの合計5モデル。各モデルは、プレインストールOS、CPU以外に、ハードウェアの仕様に違いはない。各モデルの仕様を以下に示す。



機種名


HP NetVectra N30 6/450モデル 8.4G CDS-LAN/64


HP NetVectra N30 6/450モデル 6.4G CDS-LAN


CPU


Pentium III-450MHz


Celeron-400MHz


チップセット


Intel 440ZX


メモリー


64MB(SDRAM)


HDD


4.3GB(Ultra ATA対応)


ビデオ


カナダATIテクノロジーズ社製ATI RAGE LT Pro


VRAM


4MB(SGRAM)


インターフェース


パラレル、シリアル各1、PS/2×2、USB×2


LAN


100BASE-TX/10BASE-T自動認識ポート(オンボード)


サイズ


幅300×奥行き310×高さ90mm


重量


約5.3kg


OS


Windows NT 4.0/98/95モデルから選択可能


Windows 98/95モデルから選択可能


価格は、Pentium III-450MHzを搭載し、Windows NT 4.0プレインストールの『HP NetVectra N30 6/450モデル 8.4G CDS-LAN/64/NT4』が、28万3000円となる。おもな仕様は、Intel 440ZXチップセット、メモリー64MB(SDRAM)、HDD4.3GB(Ultra ATA対応)、最大24倍速CD-ROMドライブを搭載し、100BASE-TX/10BASE-T対応LANインターフェースをオンボードで装備する。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン