このページの本文へ

NTT-ME、インターネット常時接続環境を構築できるサービス『LanGLOBE』などをリニューアル

1999年07月23日 00時00分更新

文● 編集部 綿貫晃

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)NTT-MEは22日、ネットワーク専門の技術者がいない中小企業など向けに、インターネット常時接続環境を構築するためのシステムと総合的なサポートをパッケージ化したサービス『LanGLOBE』と『InterJet パック』をリニューアルして26日に販売すると発表した。

各パックは、インターネット環境を構築するための必要な機能をパッケージングしたサーバーと周辺機器、インターネット常時接続サービス『OCNエコノミー』、およびヘルプデスクによる相談や遠隔操作によるメンテナンスなどの“トータルサポートサービス”をセットにして提供される。

『LanGLOBE』のシステム
『LanGLOBE』のシステム



『LanGLOBE』

LanGLOBEは、システム管理者がいなくても、独自ドメインでのホームページの開設、メールの利用などが行なえるサービス。サーバーの設置・設定・運用・管理・メンテナンスなど、システム構築に関わるすべてのサポートをNTT-MEが行なう。なお、システムの変更や監視は遠隔操作で行なわれる。システム構成は、NTT-MEのサーバー『LanGLOBEII』、NTT-MEのTA/DSU内蔵ルーター『MN128 SOHO SL-11』、ベイ・ネットワークス(株)のHub『NETGEAR EN108TP』(8ポート)、無停電電源装置(UPS)。

『LanGLOBEII』は、独自のドメインを取得してインターネットへの常時アクセスを行なうために必要なDNSサーバー機能、WWWサーバー機能、メールサーバー機能(APOP対応)が搭載されているほか、ファイアーウォール機能やFTPサーバー機能、DHCP機能なども備えている。CPUはCeleron-400MHzを搭載し、メモリは64MB、HDDはIDEの8.4GBで、OSはFreeBSDを採用している。価格は39万8000円で、毎月のトータルサポートサービスが1万2000円から。

『InterJet パック』のシステム
『InterJet パック』のシステム



『InterJet パック』

InterJet パックは、高いスキルを持ったシステム管理者がいなくても、独自ドメインでのホームページの開設、メールの利用などができるサービス。ユーザーがウェブブラウザーで各種設定を行なうことが可能で、問題が起きたときにはNTT-MEからサポートを受けられる。システム構成は、米ホイッスル・コミュニケーションズ社のサーバー『InterJetII』、NTT-MEのTA/DSU内蔵ルーター『MN128 SOHO SL-11』、アライドテレシス(株)のHub『CentreCOM MR415T』(4ポート)。

『InterJetII』は、独自のドメインを取得してインターネットへの常時アクセスを行なうために必要なメールサーバー機能、デュアルDNSサーバー機能、デュアルWWWサーバー機能が搭載されているほか、ファイアーウォール機能やFTPサーバー機能、ファイルサーバー機能、システム管理機能なども備えている。CPUはCyrix MediaGX-233MHzを搭載し、メモリは32MB、HDDはIDEの6.4GBで、OSはFreeBSDを採用している。また、UPS相当の機能が内蔵されている。価格は49万8000円で、毎月のトータルサポートサービスが1万円から。

InterJet パックにはオプションとして、コンテンツの提案も行なう“ホームページ作成サービス”、社外から社内LANにアクセス可能な“セキュアリモートアクセス”、インターネット経由で複数のLAN間を安全に接続する“VPN機能”、有害なサイトへのアクセスを禁止する“Web サイト・ブロッキング”が用意されている。

『InterJet パック for School』

InterJet パック for Schoolは、InterJet パックと学校教育向けのオプションをセットにしたもの。セットされるオプションは、生徒のインターネット情報検索を健全化させるための“Web サイト・ブロッキング”、先生同士のネットワークを構築させるための“セキュアリモートアクセス”の2つ。価格は59万8000円で、毎月のトータルサポートサービスが1万20000円から。

トータルサポートサービス

各パックで受けられるトータルサポートサービスは、
電話や電子メールで相談を受ける“ヘルプデスクサービス”、遠隔操作でサーバーの運用・管理などを行なう“リモートサポートサービス”、機器の設置や引き上げを行なう“オンフットサービス”、故障時に代替機と交換する“センドバック保守”となっている。

なお、販売される地域は、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、茨城県、栃木県、群馬県、山梨県、新潟県、長野県のみとなっている。

NTT-MEの代表取締役である池田茂氏
NTT-MEの代表取締役である池田茂氏



同社は、中小企業向けにITコンサルティングサービスからSIサービス、ファイナンスサービス、教育研修サービスなどさまざまなサポートを行なうトータルソリューションサービス『ME WAVE』を提供している。NTT-MEの代表取締役社長である池田茂氏は、「弊社の事業の柱は、光ファイバーを利用した高速・広帯域マルチメディアサービス『XePhion(ゼフィオン)』と『ME WAVE』の2つである。今回発表したサービスはME WAVEの中の1つに位置付けられ、力を入れていく分野である。最近は、主婦や高齢者など技術者でない人もマルチメディアを使うようになってきており、このようなサービスが必要となっている。今後は、マルチメディア社会でのトータルなホスティングを行なっていきたい」とコメントした。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン