このページの本文へ

MESAGOジャパン、会計・人事・営業情報マネジメント展を同時開催

1999年07月16日 00時00分更新

文● 編集部 綿貫晃

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

MESAGOジャパン(株)は、東京国際展示場(東京ビッグサイト)において、“第5回 会計・情報マネジメント展”、“第3回 人事・情報マネジメント展”、“第5回 営業・情報マネジメント展”の3展を同時開催した。会期は14日から3日間。主な対象者は、会社経営者やコンサルタント、システム・情報技術担当者など。

全体としては、時代の流れを反映して、今までのシステムをインターネットやイントラネットに対応させたものが多く目に付いた。また、社内・社外を問わず、ウェブ上でデータの入力や参照、更新を行なえるシステムも多く展示されていた。各社とも、ネットワークに対応させることによるメンテナンスの容易さやコストの削減を全面に出していた。

会場の様子。出展社数は44社
会場の様子。出展社数は44社



会場内では、ERP(*1)やSFA(*2)、CRM(*3)などのシステムのデモや導入事例が紹介されていた。

SAPジャパン(株)が出品していた、CRMのシステム『SAP Mobile Sales Solution』。社外のモバイル機器から会社の『SAP R/3』のデータベースへアクセス可能する営業支援システム。営業マンがより迅速に顧客との商談や事務処理をできるようにするのが目的。英語版が12月に発売予定で、日本語版が2000年4月発売予定
SAPジャパン(株)が出品していた、CRMのシステム『SAP Mobile Sales Solution』。社外のモバイル機器から会社の『SAP R/3』のデータベースへアクセス可能する営業支援システム。営業マンがより迅速に顧客との商談や事務処理をできるようにするのが目的。英語版が12月に発売予定で、日本語版が2000年4月発売予定



アマノ(株)のブースでは、就業情報ターミナル『AGX-30』が展示してあった。タッチパネルとIDリーダーによる操作で、出退勤データや各種就業データの入力や照会が行なえる。就業システムの『タイムプロ 就業』と組み合わせることによって、出退勤情報をリアルタイムに把握し、適正な人員配置や時間外勤務のコントロール、各種勤務表の作成などを可能にする
アマノ(株)のブースでは、就業情報ターミナル『AGX-30』が展示してあった。タッチパネルとIDリーダーによる操作で、出退勤データや各種就業データの入力や照会が行なえる。就業システムの『タイムプロ 就業』と組み合わせることによって、出退勤情報をリアルタイムに把握し、適正な人員配置や時間外勤務のコントロール、各種勤務表の作成などを可能にする



(株)クレオのERP『CBMS ver.2 会計』のオプションソフト『連結決済オプション』。2000年に施行される国際会計基準に対応し、中間連結財務諸表や連結キャッシュフロー計算書の自動作成などが可能。処理できる連結社数は1000社で、勘定科目数は5000科目。10月に発売予定
(株)クレオのERP『CBMS ver.2 会計』のオプションソフト『連結決済オプション』。2000年に施行される国際会計基準に対応し、中間連結財務諸表や連結キャッシュフロー計算書の自動作成などが可能。処理できる連結社数は1000社で、勘定科目数は5000科目。10月に発売予定



日本ユニシス(株)の人事情報管理、給与計算、考課査定などの業務をトータルで支援するERP『System21 総合人事システム』。オプションの『Web業務ソリューション』を導入することによって、イントラネットのウェブブラウザーから人事データベースを参照可能にする。企業の職制や権限を反映したアクセス制限やパスワード設定など、さまざまなセキュリティー機能を搭載している。
日本ユニシス(株)の人事情報管理、給与計算、考課査定などの業務をトータルで支援するERP『System21 総合人事システム』。オプションの『Web業務ソリューション』を導入することによって、イントラネットのウェブブラウザーから人事データベースを参照可能にする。企業の職制や権限を反映したアクセス制限やパスワード設定など、さまざまなセキュリティー機能を搭載している。



同会場ではERP導入やSFAに関するセミナーや、出展社によるプレゼンテーションも行なわれていた。

注1)ERP(Enterprise Resource Planning):統合基幹業務パッケージ):全社、あるいは部門単位で統合したデータベースなどとの連携により、財務、人事、販売管理、物流などを統合的に管理運用するもの

注2)SFA(Sales Force Automation):営業部門の情報化とその共有により営業効率の向上を図るもの

注3)CRM(Customer Relationship Management):情報通信技術を利用して顧客の分析を行ない、その顧客に最適なサービスや商品を提供するもの

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン