このページの本文へ

米サン、Java技術を活用した次世代ストレージ管理技術の構想を発表

1999年07月16日 00時00分更新

文● 編集部 白神貴司

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

米サン・マイクロシステムズ社は16日(現地時間)、次世代ストレージ管理技術に関する構想を発表した。この構想は“Jiro(ジャイロ)”と呼ばれ、Java技術を活用してストレージ装置や管理アプリケーション開発環境、サポートサービスなどの統合的な提供を目指すとしている。

Jiroは、'98年12月に同社がコード名“Project StoreX”として発表し、各ベンダーと協力して開発を進めてきた。現在、25社以上の大手ストレージメーカーがJiroに参加しているという。今年4月には“Jiroプラットフォーム・エキスパート・グループ”が結成され、Jiroの仕様案などを策定している。今後、同グループで改定を加え、8月に最終案を公開する予定だという。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン