このページの本文へ

松下、USB対応のスーパーディスクドライブを発売

1999年07月15日 00時00分更新

文● 編集部 綿貫晃

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

松下電器産業(株)と松下寿電子工業(株)は、USBインターフェースを備えた外付けタイプのスーパーディスクドライブ『LK-RMB33UY』を8月2日に発売する。この製品は、同社が発売している『LK-RMB33UZ』にMacintosh用ドライバーを付属したもの。Windows 98とMacintoshの両方に対応している。価格は3万5800円。

スーパーディスクドライブ『LK-RMB33UY』
スーパーディスクドライブ『LK-RMB33UY』



スーパーディスクは、従来の3.5インチFDの約80倍にあたる120MBのデータ保存容量を持つストレージメディア。120MBの専用メディアのほか、2HD(1.44MB)/2DD(720KB)フォーマットのメディア読み書きもすることができる。バッファーメモリーは32KB、平均シークタイムは70ミリ秒、ディスク回転数は毎分720回転で、最大データ転送速度は毎秒479KBとなっている。

製品には専用のUSBケーブルとACアダプター、スーパーディスク1枚が付属する。本体サイズは幅111×奥行き167×厚さ21.5mm、重さは370g。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン