このページの本文へ

IETFがHTTP/1.1をDraft Standardとして承認

1999年07月08日 00時00分更新

文● 編集部 山本誠志

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ウェブ技術に関するプロトコルの開発や実装を行なっているコンソーシアム“World Wide Web Consortium”(W3C)は現地時間の7日、HTTP/1.1(Hypertext Transfer Protocol)がInternet Engineering Task Force(IETF)によってDraft Standardに承認されたことを発表した。

HTTP/1.1は、Internet ExplorerやNetscape Navigator、Apache、libwwwなど、既に26の実装が行なわれており、また、技術な問題で既知のものがすべて解決されているとIETFが認めたことで、今回のDraft Standard承認に至った。HTTP/1.1は、既に“RFC 2616”として公開されており、今後明白な問題が発生しない限り、仕様の変更はないとしている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン