このページの本文へ

オムロンソフトウェア、携帯端末向け日本語入力システム『モバイルWnn』を発表

1999年07月09日 00時00分更新

文● 編集部 原武士

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

オムロンソフトウェア(株)は8日、携帯端末向けの日本語入力システム『モバイルWnn』を発表した。このシステムは、同社が開発したUNIX向けのかな漢字変換システム『Wnn』を携帯端末用に移植したもので、変換エンジンに必要なメモリー容量は65KB(ROMに32KB、RAMに33KB)。用途に合わせ、4万1000語(351KB)から20万5000語(2063KB)の5種類の辞書ファイルを用意している。

同システムは携帯電話、PHS、ゲーム機器や、カーナビゲーションシステムなどをターゲットにしているという。また、日本電算機(株)が販売するインターネット端末『iBOX』での採用が決定している。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン