このページの本文へ

東京貿易、世界100ヵ国語以上の言語に対応したワープロソフトなどを発売

1999年07月12日 00時00分更新

文● 編集部 綿貫晃

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

東京貿易(株)は、日本語、英語、中国語、韓国語、アラビア語など世界100ヵ国語以上の言語を入力・編集・印刷できるワープロソフト『Global Writer 98 Pro 日本語版』と、『Microsoft Office 97』を100ヵ国以上の言語に対応させるアドインソフト『Global Office 日本語版』を発売した。開発元は米Unitype社。

『Global office 日本語版』の入力画面
『Global office 日本語版』の入力画面



両製品とも100ヵ国以上の言語のTrueTypeフォントと仮想キーボードを搭載し、1台のパソコンでマルチリンガルの環境を構築できるという。日本語、中国語、韓国語などの2バイト文字や、アラビア語などの右から左へ続く文章にも対応する。また、1つの文章内に他言語を混在させることも可能となっている。

Global Officeは、Microsoft Office 97の『Word 97』、『Excel 97』、『Outlook 97』、『PowerPoint 97』に対応するアドインソフト。Global Office単体での使用はできない。各アプリケーション上で、100ヵ国以上の言語を入力・編集・印刷できるほか、Outlook97を利用したマルチ言語の電子メールの送受信やマルチ言語のウェブページを作成することが可能となっている。Windows 95/98/NT4.0対応で、価格は3万5000円。

Global Writer 98 Proは、基本的なワープロ機能を備えるほか、ヨーロッパやアラビア、ロシアの言語など11ヵ国語のスペルチェック機能が搭載されている。Windows 98/NT4.0対応で、価格は1万8000円。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン