このページの本文へ

マイクロソフト、“Microsoftカード”のサービス内容を拡充――キャッシュバックサービスも提供

1999年07月12日 00時00分更新

文● 編集部 白神貴司

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 マイクロソフト(株)は12日、同社がクレジットカード各社と提携して発行しているカード“Microsoftカード”のサービス内容を拡充し、キャッシュバック制度などを導入した新メニューで提供すると発表した。

これは、加入者に対して、“マイクロソフト キャッシュバックプログラム”として、カードを使用するたびにポイントを加算、ポイント数に応じて同社製品を購入する際にキャッシュバックが受けられるサービス。ただし、ポイントの利用は2000以上からとなる。

また、従来の(株)住友クレジットサービス、(株)三和カードサービスに加えて(株)クレディセゾンと提携、新たに“マイクロソフトセゾンVISAカード”、“マイクロソフトセゾンアメリカン・エキスプレス・カード”を発行する。

このほか、マイクロソフトが提供する技術情報提供サービス“Microsoft TechNet CD Subscription”の年会費を20パーセント割り引くサービスなどを追加した。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン