このページの本文へ

ジャストシステム、Linux対応の『ATOK12 SE for Linux』を発表

1999年06月07日 00時00分更新

文● 編集部 山本誠志

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)ジャストシステムは、Linuxに対応した日本語変換システム『ATOK12 SE(Standard Edition) for Linux』を発表した。まずはパシフィック・ハイテック(株)の『TurboLinux 日本語版 4.0』にバンドルして7月9日に出荷を開始する。パッケージには、Javaに対応した『一太郎 Ark for Java(仮称) Technology Preview』を同梱する。

ATOK12 SE for Linuxは、既にWindows版やMacintosh版がリリースされている『ATOK12』のLinux対応版。慣用句や仮名遣いの誤りを指摘する校正支援機能“JUST MEDDLER2”を搭載する。

同社では、ATOK12 SE for Linuxについて、本年度中に15万本以上の販売を見込んでいる。この数字は、TurboLinux 日本語版などの製品に対するバンドルを含んだもの。ATOK12 SE for Linux単体の発売については、年内をめどに予定している。単体の価格は未定。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン