このページの本文へ

【Company Survey】DTPソフトで快走するDesign Intelligence社

1998年09月02日 00時00分更新

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷


 シアトルに本社をおくベンチャー企業で、1994年の創立。マイクロソフトに初期のころから在籍していたマイケル・オア氏という天才プログラマーを副社長に据え、DTP分野で急成長を遂げている主力商品の DTP(DeskTop Pubrishing)パッケージソフトiPublish 2.0は、さまざまな面でマイクロソフト(MS)のPublisher 97より優れているとされ、そのコアテクノロジーにはMSも一目置いている。

 iPublish 2.0は、Windows95/NT用の低価格DTPソフトで、DTPの未経験者でもすぐマスターできるのが特徴。あらかじめ用意されたテンプレートの中から好きなものを選び、マウスでデータをドローすれば、自動レイアウト機能により、あっという間にプロ並みのページが完成できる。

 Publisher がパラグラフの設定やファイルの取り込みに関していろいろな手順が必要なのに対してiPublishではすべて自動認識で進められる点が最大の特徴になっている。日本のユーザーにとって残念なのは、日本語版がいまだ開発されていないこと。このソフトに限らず、欧米では確固たる地位を占めている商品が、言語や文化の壁に阻まれてわが国に浸透できないのは、日本のユーザーやメーカーにとっても不幸なことだ。

 2.0英語版の価格はパッケージ版が99ドル、ダウンロード版が89ドル。近々、Windows98に対応した 3.0がリリースされる予定。Publisherの最新版との差異によって、このままDTPソフト業界のスター街道を突っ走ることができるか、MSに追いつき追い越されるのか、注目されるところ。

http://www.design-intelligence.com/


竹下 光彦(たけした・みつひこ)氏プロフィール

1944年東京生まれ。早稲田大学教育学部卒業後、研究社出版(株)に入社、同社視聴覚教材編集長を経て、1975年にエデュカ(株)代表取締役に就任、現在に至る。専門分野:教育工学、コミュニケーション論。
E-mail: mitch@educainc.com

この記事は、「Focussed Series」からもアクセスできます。多彩な筆者の寄稿を収録中です。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン