このページの本文へ

三井物産、米Foundry Networks社のレイヤー4対応スイッチを発売

1998年04月07日 00時00分更新

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷


 三井物産(株)は、米Foundry Networks社開発のレイヤー2/3/4対応スイッチ製品『ServerIron Switch』を5月上旬に発売する。価格は180万円。10/100BASE-Tポート8基を装備、最大400~500Mbpsデータ転送が可能としている。

 



 ServerIronは、TCP/UDPポートナンバーによって、ネットワーク上のトラフィックを認識、接続した複数のサーバーへのトラフィックを自動的に分散する“サーバーロードバランス”機能を備えている。分散方式は、アクセスさせるサーバーを順番に替える“ラウンドロビン方式”、トラフィックのもっとも少ないサーバーへアクセスさせる“最小コネクション方式”、各サーバーへの負荷の割合をあらかじめ設定する“荷重分配方式”の3とおり。

 ServerIronにHTTP用サーバー、FTP用サーバー、メールサーバーなど複数のサーバーを接続する場合でも、IPアドレスはひとつでよく、クライアントからは1台の仮想サーバーとして扱える。

 障害回避機能としては、あるサーバーに障害が発生した場合、他のサーバーにアクセスを自動変更するほか、2台のServerIronを用いれば、片方のServerIronが故障した場合に1秒以内でもう一方を稼動させ、通信を中断させない、などがある。

 三井物産では、複数のサーバーにトラフィックを分散することで大型サーバーを用いる必要がなくなるとし、Webサービス、ニュースサービス、ビデオサービスを行なう企業などへの販売を見込んでいる。

 また、同社は既存のFoundry社製品の価格改定を行なうことも併せて発表した。販売店のアダムネット(株)によって4月15日から実施するもので、最大で40パーセント値下げする。(報道局 浅野広明)

http://www.mitsui.co.jp/foundry/

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン