このページの本文へ

  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurlに登録
  • StumbleUponに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • Facebookでシェア
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • お気に入りに登録
  • 本文印刷

米ACC社、リモートアクセスコンセントレーター『Tigris』シリーズを拡充

1998年04月07日 00時00分更新


 日本ニューブリッジ・ネットワークス(株)は、米国本社の子会社にあたる米Advanced Computer Communications社(ACC)のリモートアクセスコンセントレーター『Tigris』シリーズに関する機能拡張プランを発表した。

米ACC社アジアパシフィック地域販売担当副社長のFrank Soos氏 米ACC社アジアパシフィック地域販売担当副社長のFrank Soos氏


 同シリーズは、オプションのカードと組み合わせて使用することで、各種プロトコルに対応したルーティング、スイッチングを可能にするコンセントレーターで、3スロットモデル、7スロットモデルがすでに発売されている。

 ACCは6月下旬に11スロットモデルをリリース、日本では日本ニューブリッジが国内総代理店として販売にあたる。価格は180万円。2Gbpsのパケットバスを二重で装備、カードとの組み合わせで、最大1344回線のISDN/アナログモデムを接続できるという。

 ACCでは同時期に、ネットワークの冗長構成を可能にするハイパフォーマンス・コントロールカード、192ポート搭載のDSP(Digital Signal Processor)カード、最大672回線のISDNまたはアナログモデムに接続できるChannelized DS3インターフェースも発売し、価格はそれぞれ400万円、1340万円、400万円の予定。



 また、Tigrisシリーズを管理するソフトとして、『Virtual Port Service Manager(VPSM)』を6月に発売する。UNIX対応サーバーソフトとJavaベースの管理ツールからなり、価格は100万円から。Tigrisシリーズへのトラフィックの集中管理、あるいは制御するもので、ダイヤルアップ接続に対する認証なども行なえる。VPN(Virtual Private Network)サービスなどの付加価値サービスの構築作業が簡略化できるという。(報道局 浅野広明)

・日本ニューブリッジ・ネットワークス
 http://www.yic.or.jp/~NewBridge/

・米Newbridge Networks社
 http://www.newbridge.com/

・米Advanced Computer Communications社
 http://www.acc.com/

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン