このページの本文へ

ミロク情報サービスが、統合業務システム『MICSNETシリーズ』を発売

1998年03月26日 00時00分更新

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷


 (株)ミロク情報サービスは、統合業務システム『MICSNET(ミックスネット)シリーズ』を発表、その第1弾として4月1日に、『MICSNET財務Special』、『MICSNET Super財務』、『MICSNET Super給与』の3システムを発売する。



 同シリーズは、7月に施行される予定の“電子帳簿保存要件”に適合した製品で、データの修正・追加・削除を行なった場合の履歴を遡って表示したり、各帳簿間で相互にデータの照合を行なえる機能が搭載されている。

 また、将来の会計制度や税制の変更をあらかじめ織り込んだシステムとなっており、さらに、海外事業を展開した際に、たとえば中国語の表記に不都合が生じないよう、文字コードにUnicodeを採用するなど、予想される変化に対応できるシステムとなっている。

 同社の是枝伸彦社長兼会長は、「当社は、これまで財務・経理関係のソフトをオフコンなどの専用機向けに販売してきたが、今回発表した『MICSNET(ミックスネット)シリーズ』は、初めてのPC向けのソフトで、これからは大企業でも中小企業でも使用できる統合型の業務用ソフトを開発していきたい」とコメント。『MICSNETシリーズ』は、今年から来年にかけて、在庫管理ソフトなど、あらゆる企業業務に関するソフトを発売していく予定であることを明らかにした。



 同製品は、サーバーの動作環境として、WindowsNT Server4.0(サービスパック3以上)動作可能なマシンで、5クライアントの場合、PentiumProまたはPentiumII-233MHz以上、メモリー128MB、HDD6GB×2を推奨している。また、クライアントの動作環境は、WindowsNT Workstation4.0に対応、PentiumII-166MHz以上、64MB、HDD空き容量500MBを推奨している。価格はオープンで、システム構成により異なる。同社では、'98年度に『MICSNET財務Special』は150本、、『MICSNET Super財務』と『MICSNET Super給与』は、600本ずつの販売を見込んでいる。(報道局 佐藤和彦)

http://www/mjs.co.jp/

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン