このページの本文へ

『SOLVE:Operations for OpenView』日本語版をスターリング ソフトウェアが発売

1998年03月26日 00時00分更新

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷


 スターリング ソフトウェア(株)は、日本ヒューレット・パッカード(株)のネットワーク管理ソフト『HP OpenView ネットワーク・ノード・マネージャ for UNIX』上で動作する、フレームワーク・コンポーネント『SOLVE:Operations for OpenView』の日本語版を4月1日に発売する。フレームワーク・コンポーネントを利用することで、フレームワークにメインフレームの管理機能を統合できる。



 『SOLVE:Operations for OpenView』を使えば、『HP OpenView ネットワーク・ノード・マネージャ for UNIX』上から、メインフレーム上で動作する統合運用管理ツール『SOLVE:Operations for MVS』などの管理機能を利用することができる。これにより、メインフレームとそれに接続されたネットワークの管理を『HP OpenView ネットワーク・ノード・マネージャ for UNIX』上で一体化して行なえるようになり、それぞれを別に管理するのに比べて、効率的な管理が行なえる。

 出荷開始は5月、価格は450万円。『HP OpenView ネットワーク・ノード・マネージャ 4.0 for UNIX』以上に対応している。また、秋には『HP OpenView IT/オペレーション』に対応した『SOLVE:Operations for IT/Operations』の日本語版が発売される予定。(報道局 中山実)

http://www.solve.sterling.com/pdsop1.htm

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン