このページの本文へ

LSIロジックとBillionton Systems、『DVD/MPEG-2 PC Card』を発表

1998年03月26日 00時00分更新

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷


 LSIロジック(株)は、システム・オン・チップを実現する、同社の“CoreWare”技術で設計開発したシングルチップDVDソースデコーダー“L64020”が、台湾Billionton Systems社製のZVポート対応ノートパソコン用PCMCIAカード、『DVD/MPEG-2 PC Card』に搭載され、日本で販売されることになったと発表した。

 



 “L64020”は、0.25μmCMOSプロセス技術で製造される。LSIロジックは、23日に、次世代0.13μmCMOSプロセス技術“G12”を発表している。この技術を用いて製造されるチップは、現在の0.25μmプロセス“G10”の30パーセント、0.18μmプロセス“G11”の60パーセントまで面積を縮小できるという。“G12”技術を用いると、ダイサイズは小さくなり、消費する電力も低くなるという。

 同製品は、LSIロジックのシングルチップDVDソースデコーダー“L64020”をベースに、米国MARGI Systems社がハードウェアとソフトウェアを開発、Billionton Systems社が製造・販売ライセンスを取得し、出荷されるもの。

 LSIロジックの“L64020”が、同製品に採用された理由として、ハードウェア構成のロジック構造を持つDSPを採用しているため、低消費電力で動作すること。0.25μmのCMOSプロセス技術を用い、“MiniBGA”パッケージを採用しているため、ダイサイズが小さいということ。ローエンドのパソコンにも搭載できるということを挙げている。

 同製品は、フルカラーの画像を毎秒30フレーム処理できるという。ビデオ出力の解像度は720×480ドット、色数は1600万色。専用の外部コネクターは、コンポジットビデオ端子、ステレオオーディオ端子のほか、Sビデオ端子を含め4つの端子を装備しており、MPEG-2ビデオをDVDに変換して出力するという。

 動作環境は、Pentium-166MHz以上、メモリーは16MB以上、OSはWindows95に対応している。DVD-ROMドライブ、ハードディスクには10MB以上の空きスペースが必要。

 なお、販売時期は5月から6月を予定。価格は未定。なお、4月6日から4月9日まで幕張で開催される“COMDEX/Japan'98”にて、展示するという。

 同製品を用いれば、ノートパソコンでも高画質なDVDが再生できるという。あとは、DVDタイトルが増えることを望むばかりだ。(報道局 西川ゆずこ)

http://www.lsilogic.com/japan/
http://www.billionton.com.tw/japan/

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン