このページの本文へ

ソーテック、デスクトップ/ノートパソコンの新シリーズを発表

1998年03月24日 00時00分更新

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷


 ソーテック(株)は、高性能ハイエンドデスクトップパソコン『PC STATION 333S-L17』と『PC STATION 300S-L17』を4月中旬に、『PC STATION EX333S』をパワーアップし、4月上旬に出荷すると発表した。これに伴い、『PC STATION 333/300シリーズ』を最大17パーセント値下げ。また、ノートブックパソコン『WinBook Eage』シリーズをさらにパフォーマンスアップし、新しく『WinBook Eagle 266MTX Plus』として3月下旬に出荷すると発表した。

『PC STATION 333S-L17/300S-L17』、
『PC STATION EX333S』



 『PC STATION 333S-L17』は、米インテル社のPentium ll-333MHzプロセッサー、440LXチップセット、カナダのATI社製グラフィックチップ『3D RAGE PRO』を搭載したAGP対応グラフィックボード、128MBのメモリー、8.4GBのハードディスクを搭載するモデルに、韓国LG電子社製の17インチモニター(フラットスクエアタイプ)をセットにしたもの。価格は29万8000円。

 『PC STATION 300S-L17 シリーズ』は、Pentium ll-300MHz、440LXチップセットカナダのATI社製グラフィックチップ『3D RAGE PRO』を搭載したAGP対応グラフィックボード、128MBのメモリー、6.4GBのハードディスクを搭載するモデルに、韓国LG電子社の17インチモニター(フラットスクエアタイプ)をセットにしたもの。価格は26万8000円。

 『PC STATION EX333S』は、Pentium ll-333MHz、256MBのメモリー、9.1GBのUltraWideSCSIハードディスク、100BASE-TXネットワークボードを搭載。価格は47万8000円。

『WinBook Eagle 266MTX Plus』



 メモリーをそれぞれ、144MB、64MB、16MB搭載する3機種を3月下旬に出荷すると発表。モバイル用MMX Pentium-266MHzを搭載し、米NeoMagic社のグラフィックアクセラレーター『NMG4』(PCI接続)搭載モデルが、37万8000円から。

(報道局 西川ゆずこ)

http://www.sotec.co.jp/

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン