このページの本文へ

TODAY'S NON-STOP NEWS vol.1

1998年03月03日 00時00分更新

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷


●3Comとテキサス・インスツルメンツ、56Kモデム新規格を支援

 米スリーコム社(3Com)と米テキサス・インスツルメンツ社(TI)は、アジア地域のOEMメーカー向けに、2月にITUが勧告した56Kbpsモデムの新規格“V.90”への移行に対する支援を行なうと発表した。3Comはモデムの互換性を診断する“相互運用性プログラム”を、TIはソフトを更新するだけでモデムをV.90に移行できる“DSPチップセット”を提供する。
http://www.3com.com/(米スリーコム社)
http://www.3com.co.jp/(スリーコム ジャパン(株))
http://www.ti.com/(米テキサス・インスツルメンツ社)
http://www.tij.co.jp/(日本テキサス・インスツルメンツ(株))

●サムスン、天安にTFT液晶ディスプレー製造工場を建設

 韓国の三星電子は、天安(チョンアン)で建設を進めていた、TFT液晶ディスプレー製造工場が2月18日に完成したと発表した。同社のTFT液晶ディスプレー生産ラインは、これで3つめ。同工場では、すでに600×720mm基板の生産ラインが稼動しており、同社のTFT液晶ディスプレーの月産枚数は、13.3インチ換算で16万枚から28万枚に拡大したという。
http://www.samsung.com/(三星電子)
http://www.samsung.co.jp/(日本サムスン(株))

●サムスン、最長250kmの光ファイバー用生産プロセスを開発

 韓国の三星電子は、直径125μm、最長250kmの光ファイバーの生産プロセスを開発した、と発表した。均一組成の光ファイバーが生産可能な“MCVD法”を用いたプロセスで、生産性は60パーセント以上向上、生産コストは25パーセント低減するという。新プロセスは今月中に稼動し、主に東欧、アジア、アフリカに輸出する光ファイバーの生産を行なうという。
http://www.samsung.com/(三星電子)
http://www.samsung.co.jp/(日本サムスン(株))

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン