このページの本文へ

『Post.Office 3.1.2日本語版』発売で米Software.com社COOが来日

1998年02月06日 00時00分更新

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷


 (株)オープンテクノロジーズは、米Software.com社のインターネット用E-mailサーバーソフト『Post.Office 3.1.2 日本語版』を2月15日に発売する。価格は10アカウントパック1万4000円から。WindowsNT 4.0(Intel)に対応している。同製品は、シングルサーバーのEメールシステムで、Webフォームによる管理、Spamメールやリレーの防止が可能。POP3サーバー、SMTPサーバーFingerサーバーに対応している。新機能としては、メーリングリスト機能をサポートしている。



 同社は同ソフトのデモンストレーションなどを、2月4日~6日の間幕張メッセで開催された“NET&COM'98”で行なっており、また開発元の米Software.com社のCOO(最高業務責任者)であるValdur Koha氏が来日し、製品についての解説などを、プレス向けに行なった。

 席上、Valdur Koha氏は「これからのISP(インターネット・サービス・プロバイダー)は、電話が受話器を取るとすぐに使えるような“ダイヤルトーン・クオリティー”をもった、高品質のメールサーバーが必要になってくる。世界的に見ても、マネージメント・メッセージングサービスがさらに重要になってくるだろう」という。UNIX日本語版の発売については「技術者が開発している最中で、正確な日程は言えない。現在日本では日本高速通信などが、同ソフトのUNIX英語版を使っている」と語った。

 次世代プロトコルとして注目されているIMAP4対応の製品の開発についても、「IMAP4はこれからますます標準化されるだろう。IMAP4に対応した製品を'98年の第4四半期には開発できると考えている」と語っていた。

 米Software.com社の日本での役割については、「戦略的な日本の市場でのローカルなサポートをしていくことが重要だと考えている。アジアでの事業展開で東京はその拠点となるだろう」と、これからもオープンテクノロジーズとの友好的な関係を継続する意志を表明した。(報道局 庄田恵美)

http://www.opentech.co.jp/

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン