このページの本文へ

GMF、アーケードで人気の落ちものゲームをWindows95に移植

1998年01月13日 00時00分更新

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷


 GMFは、両替アクションパズルゲーム『マネーアイドル エクスチェンジャー』を3月20日に発売する予定。価格は6800円(予価)。

 同製品は、アーケードで人気のあった同名ゲームを、Windows95対応にしたもの。画面上から落ちてくるコイン(1、5、10、50、100、500円玉)を並べて、1個のコインに両替しながら消していく落ちものゲームで、たとえば、100円玉を5個縦か横につなげると、500円玉1個に両替される。ゲームの操作は、キーボードまたはジョイスティックで行なう。

 ゲームモードは、CPUと対戦していくひとり用モードの“CPU対戦!”、プレイヤーどうしで対戦できる“2人で対戦!”、累計の連鎖数、最大連鎖数、スコアによって段位を判定し、ゲーム終了後に認定証を表示する“1人で練習!”および“ストーリーモード”。ストーリーモードでは、プレイヤーは女子高生三越さくらとなり、両替戦士エクスチェンジャーに変身して、さまざまな敵と対戦しながら進めていく。(報道局 桑本美鈴)

問い合わせ先:03-3257-2380

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン