このページの本文へ

マイクロソフト、IBM DB2とSQL Serverを統合するソフトを発売

1997年12月25日 00時00分更新

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷


 マイクロソフト(株)は、データベースソフト『IBM DB2』とサーバーソフト『Microsoft SQL Server』の間で、レプリケーション(相互間データ複製)を行なうソフト『Microsoft Host Data Replicator Version 1.0』日本語版を発売する。'98年1月30日発売で、価格はオープンプライス。同社は推定小売価格として、44万5000円を提示している。

 同ソフトは、既存のホストコンピューターとPCサーバーのそれぞれに置かれたデータベースを統合したいというニーズに応えるもの。メインフレームやAS/400システム上のデータベースソフトDB2と、LAN/WAN環境下のPCサーバー上のSQL Serverとの間で、レプリケーションができる。これにより、両データベースの内容は同じ値に保たれることになる。統計情報の収集などレプリケーションに必要な機能を集中管理するツールのほか、システムのセットアップ、フィルター処理、スケジューリングなどの各種ツールを装備している。

 『Microsoft SNA Server』と『Microsoft SQL Server』のアドオンソフトとして位置づけられ、SNA Serverが提供するODBC/DRDAドライバーにアクセスし、メッセージをDRDA形式に変換後ホストに送信するという仕組みになっている。

 なお、同ソフトはWindowsNT Server3.51、SNA Server3.0、SQL Server6.5以降に対応、ホスト側は特別なアプリケーションを必要としない。サポートするDB2シリーズは以下のとおり。

・DB2 for AIX/6000 V2.R1以降
・DB2 for MVS V2.R3、V3.R1、V4.R1以降
・DB2 for OS/2 V2.R1以降
・DB2 for OS/400 V2.R2、V2.R3、V3.R0.M5、V3.R1以降
・DB2 for VM、VSE V3.R1以降
・DB2 for WindowsNT V2.R1以降

(報道局 浅野広明)

http://www.microsoft.com/japan/

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン