このページの本文へ

カノープス、Power WindowシリーズにPC98-NX対応モデルを追加

1997年12月24日 00時00分更新

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷


 カノープス(株)は、Power Windowシリーズに、PC98-NXシリーズ用のグラフィックアクセラレーターボード『NX/4VC Value Kit』を追加、2月初旬に発売する。価格は1万9800円。

 オンボードにnVIDEA社のRIVA128を搭載したPC98-NXに対応し、2MBのVRAMとビデオ入力機能を搭載したPCIバス用の拡張ボード、ユーティリティーなどが付属する。

 同製品を装着することで、『Power Window R128P/4VC』と同等の機能にすることができ、1024×768ドットでフルカラー(1677万色)表示ができるようになる。また、VRAMが4MBになることで、2MB時には64bitモードでしか動作できなかったRIVA128を128bitモードで動作でき、描画速度が向上。テクスチャーメモリーを多用するゲームなどに威力を発揮するとしている。

 ビデオ入力機能は、YUV形式でAVIファイルを作成でき、320×240ドットの解像度で、毎秒30フレームに近いフレームレートを実現できるという。キャプチャーソフトとして『Power Cinema EX for PW』と静止画用の『V-Shot』が付属し、V-Shotでは、最大1500×1125ドットの静止画をキャプチャーできる。入力コネクターはS端子×1とRCAピンジャック×1を装備する。(報道局 井上哲郎)

http://www.canopus.co.jp/

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン