このページの本文へ

  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurlに登録
  • StumbleUponに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • Facebookでシェア
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • お気に入りに登録
  • 本文印刷

日本オラクル、『Oracle Replication Services』出荷開始

1997年12月17日 00時00分更新


 日本オラクル(株)は、Oracleデータベースと、異種データベース管理システム(DBMS)間でレプリケーション環境の構築と運用をサポートする管理ツール『Oracle Replication Services Release1.3.1』の出荷を12月25日に開始する。価格は300万円。

 データ転送にはゲートウェイ製品の『Oracle Transparent Gateway』を使用し、異種DBMSとの一方向の非同期レプリケーションが可能。ひとつのOracle Replication Servicesから、複数のレプリケーション環境を集中管理でき、マルチウェイ・レプリケーションが可能。時間間隔を指定して自動的に伝播処理を行なわせることもできる。

 Windows95/NT上で動作し、対応するOracleは『Oracle 7 Server Release7.2.3』以上、対応する異種DBMSは、IBMの『DB2』など、使用するOracle Transparent Gateway(Version4.0.1.1.0以上)がサポートするDBMS。(報道局 若名麻里)

http://www.oracle.co.jp/

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン