このページの本文へ

日本モトローラほか3社がデジタル移動体通信システムに出資で合意

1997年12月16日 00時00分更新

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷


 日本モトローラ(株)とニチメン(株)、オリックス(株)の3社は、業務用統合デジタル移動通信システム『iDEN(アイデン)』の国内事業展開のための合弁会社『株式会社ジェイコム』の出資で昨日合意、株主合意書に調印した。

 『iDEN』は“integrated Digital Enhanced Network”の略で、米モトローラ社が開発、すでにアメリカ、アルゼンチンなど6ヵ国で運用され、全世界で100万人を超える加入者がいるという。ビジネスユーザーを対象にした移動体通信サービスで、1台の携帯端末で(1)業務用無線通信、(2)携帯電話、(3)ページャーなどのメッセージ通信、(4)FAXなどのデータ通信の4つの通信サービスが可能。また、この携帯端末を持つユーザーどうしが、最大100人と同時に話すグループ通信を行なうことができる。

 '98年夏に関東地区でサービスを開始、順次全国へ展開していく予定という。(報道局 酒寄公子)

http://www.mot.com/LMPS/iDEN/index.html

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン