このページの本文へ

UMAX、高性能スキャナー2モデルを発表

1997年12月16日 00時00分更新

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷


 ユーマックスジャパン(株)は、ハイエンドタイプのスキャナー『PowerLook』シリーズ2モデルを発表、12月後半から順次出荷を開始する。価格は光学解像度1200×2400dpiの『PowerLook III』が59万8000円、同最大3048×3048dpiの『PowerLook 3000』がオープンプライス(店頭実売価格約100~120万円)。

 



 PowerLook IIIは、RGB各色12bitの読み取り階調を持ち、濃度レンジは3.4D、最大読み取りサイズは透過原稿で215.9×254mm、反射原稿が215.9×297mm。

 PowerLook 3000は、解像度や読み取り範囲によってレンズを使い分ける“デュアルレンズ方式”を採用。RGB各色14bitの読み取り階調、3.6Dの濃度レンジ、最大読み取りサイズは286×297mm。4×5サイズ程度の原稿なら、2000万円相当のドラムスキャナー並みの性能を持つという。

 両モデルとも、独自のASICでコントロールすることにより、SCSI経由でもRGB各色12bit/14bitの出力が行なえ、16bitモードに対応する『Adobe Photoshop4.0』などをフルに活用できるとしている。

 Macintosh、Windows3.1/95/NTに対応し、ドライバーソフト『Magic Scan』が付属する。(報道局 井上哲郎)

http://www.umaxjapan.co.jp/

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン