このページの本文へ

コンパック、タンデムコンピューターズとの合併による新会社を発表

1997年12月15日 00時00分更新

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷


 コンパック(株)は、日本タンデムコンピューターズ(株)と'98年1月1日付けで合併すると発表、新会社の概要、役員人事などを発表した。

 新会社の名称は『コンパックコンピュータ(株)』で、資本金は64億4000万円。代表取締役会長にはコンパック社の社長藤本邦明氏、代表取締役社長には日本タンデムコンピューターズ社の社長高柳肇氏が就任する。

 米Compaq社と米Tandem Computers社の合併手続きが8月29日に完了したことに伴い、世界的統合の一環として進められてきたもの。PCおよびPCサーバーのリーダーであるコンパック社と、ノンストップコンピューターおよび超並列コンピューターのリーダーであるタンデム社による合併で、デスクトップPCから超並列サーバーまでの幅広い製品を提供できる総合コンピューターメーカーが誕生したことになる。

 日本市場では、コンパック社が培ってきた膨大な顧客ベースや協力な販売チャネル網と、タンデム社が蓄積してきた大手企業ユーザーの顧客ベースやシステム構築のノウハウ、営業力やサービス・サポート力などを結集し、統合的なビジネス展開を図っていくとしている。(報道局 井上哲郎)

http://www.compaq.co.jp/

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン