このページの本文へ

東芝、16MBスマートメディアのサンプル出荷を発表

1997年12月10日 00時00分更新

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷


 (株)東芝は、3.3Vの16MBスマートメディア『TH58V128DC』を発表、'98年第1四半期に出荷を開始する。サンプル価格は3万円。

 コントロール回路をチップ内に組み込むことなどにより、64MbitのNAND形フラッシュメモリーを2個搭載可能になり、従来の2倍のメモリー容量を実現した。この2チップ搭載技術によりスマートメディアの大容量化を容易に実現できるという。

 同時に、2001年までに128MBのスマートメディアを開発・製品化を進めると発表した。これは、11月に行なわれた、スマートメディアの仕様統一や普及促進を図る任意団体による“SSFDCフォーラム”において決定された16/32/64/128MBの各種仕様に基づき発表されたもの。デジタルカメラなどを中心とした需要を見込んでいる。(報道局 井上哲郎)

http://www.toshiba.co.jp/

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン