このページの本文へ

日立、MパラレルサーバMP5400Eを発表信頼性、コストパフォーマンスを向上

1997年12月09日 00時00分更新

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷


 (株)日立製作所は、『MパラレルサーバMP5400』シリーズのニューモデルとして、『MパラレルサーバMP5400Eシリーズ』を発表した。価格はコンパクトサイズのデスクサイドタイプが約780万円から、パラレル機能を内蔵可能なキャビネットタイプが約1700万円から。12月に出荷を開始する。

 DBアクセスツール『DBPARTNER』や業界標準のDBアクセスインターフェース『ODBC』などにより、基幹データーベースサーバーとしてのシステム性能や信頼性、運用性を向上。Webブラウザーのほか、通信回線を経由したモバイル環境などからもデータの収集や高度のデータ分析などが行なえる。Javaを利用したWebブラウザーからの基幹業務の操作や実行ができ、グループウェアやワークフローなどのオープンシステムとの連携も強化。現行モデルと比べ、最高約30パーセントのコストパフォーマンス向上も実現したという。

 同時に、『VOSK/FS』および『VOS1/FS』など、MP5400Eモデル用OSの機能強化も行なった。価格はVOSK/FSが約190万円から、VOS1/FSが月額約25万円から。(報道局 井上哲郎)

http://www.hitachi.co.jp/

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン