このページの本文へ

HP、小・中規模ネットワーク向けPCサーバーなどを発表

1997年12月08日 00時00分更新

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷


 日本ヒューレット・パッカード(株)は、PCサーバー『HP Netserver』シリーズに、小・中規模ネットワーク向けサーバー『HP NetServer LCII』と、部門用サーバー『HP NetServer LHII』を追加した。'98年1月1日に発売する。

 LCIIの基本モデル構成価格は51万円。1基のPentiumII-266MHzと32MBのメモリー、モデム経由でサーバーをコントロールする『HP リモートアシスタントカード』、Webブラウザーベースのサーバー管理ツール『HP TopTools』などを搭載する。最大32GBのHDDを搭載できる。

 LHIIの基本モデル構成価格は80万円。1基のPentiumII-266MHzと64MBのメモリー、『HP TopTools』などを搭載する。IT(情報システム部門)の生産性を向上するサーバー管理機能などを装備し、109.2GBのホットスワップ対応HDDを内蔵できるほか、デュアルUltra Wide SCSIインターフェースを標準装備。新開発の“インテリジェントプラットフォームマネジメントインターフェース(IPMI)”を採用する。

 両モデルともデュアルプロセッサー仕様で、PentiumII-266MHz/300MHzを最大2基搭載できる。

 同時に、シングルチャネルディスクアレイコントローラー『HP NetRAID(ネットレイド)-1』を発表した。従来のNetRAIDと同等の機能を持ち、LCII/LHIIなどの多くのHDDを必要としないサーバーに最適としている。価格は14万円。(報道局 井上哲郎)

http://www.jpn.hp.com/

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン