このページの本文へ

  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurlに登録
  • StumbleUponに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • Facebookでシェア
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • お気に入りに登録
  • 本文印刷

インフォミックス米国本社会長が“生まれ変わり”宣言

1997年12月05日 00時00分更新


 インフォミックス(株)は、プレスカンファレンスを開催し、オブジェクト・リレーショナル・データベース『INFORMIX-Universal Server日本語版』の出荷の開始を発表した。同時に、米国インフォミックス・ソフトウェア社会長兼CEOのBob Finocchio氏および同社Asia/Pacific担当副社長兼インフォミックス(株)代表取締役社長のWilliam James氏が今後の戦略について述べた。

 米国インフォミックス・ソフトウェア社は、今年の第1四半期に1億4000万ドルの赤字を経上し、業績が低迷していた。11月までに、'94年からの決算の改定を完了して米国株式市場のNASDAQの上場基準をクリアーし、クレディ・スイス・ファースト・ボストン系列会社主導の5000万ドルの株式投資を受け入れるなど、財政基盤を整えた。今後、ハイエンド分野のデータベース技術でリーダーシップをとっていくとし、具体的なライバルとしてはIBMとオラクルをあげた。

 日本では今年の夏から直販制度をやめ代理販売のみ行ない、国内の300のパートナーとの信頼性の回復を図っているという。「市場はオラクルとマイクロソフトに占有されていて、今後インフォミックスと積極的につきあっていきたいというパートナーはいるのか?」という質問に対しては、「強力なパートナーである富士通や日本電気(株)が『インフォミックスの技術なしには、ハイエンド分野で必要な要件が満たせない』とコメントしている」(James氏)といい、特にデータウェアハウス分野でのスケーラビリティーにおいて他社よりも優れていると語った。

 「インフォミックスが苦戦しているのは、財務管理上の問題で、製品に問題があったわけではない」と、米サイベース社CEO米サイベース会長兼CEOのMichell Kertzman氏も12月の来日の際にコメントしており、新生インフォミックスの今後が期待される。(報道局 若名麻里)

http://www.informix.co.jp/

カテゴリートップへ

注目ニュース

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

プレミアムPC試用レポート

QDレーザー販促企画バナー

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン