このページの本文へ

日立、NetPCとネットワークPC管理ソフトをセットで提供

1997年12月04日 00時00分更新

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷


 (株)日立製作所は、液晶デスクトップPC『FLORA 310/330』をベースにしたNetPCと、サーバー側からの管理ソフト『クライアント・マネジメント・キット』をセットにした『FLORA ネットターミナルセット』を発表した。価格は1サーバーの管理ソフトとディスプレーが付属しない330ベースの最小構成で42万2000円から、12.1インチのHi-Addressing STNディスプレーが付属する310ベースで32万6000円から。12月5日に出荷を開始する。

 クライアントパソコン導入時の設定時間やOS再インストール時の時間などを大幅に短縮できるほか、ソフトのアップデートの効率化、ソフトの勝手なインストールによるトラブルの防止、サーバーからのNetPCの電源の管理、ウイルス対策のコスト低減などが行なえるという。

 NetPCのOSにはWindows95を採用。Pentium-133MHz、32MBのメモリーを搭載し、Network Bootに対応した10BASE-Tのネットワークインターフェースを装備している。各クライアントごとのディスク内容をサーバーの仮想HDDで保持するため、個々のNetPCにはHDDを装備していない。

 同社では、TCO削減のため、ネットワークコンピューティングの対応やデスクトップパソコンの『Intel LANDesk Client Manager ver3.1』の標準装備、『NetPC』、新統合管理ソフト『System Manager』のサポートなどを行なっていくとしている。(報道局 井上哲郎)

http://www.hitachi.co.jp/

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン