このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

立ち上るアジアのLinux インド編 その1

2000年10月27日 22時21分更新

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 長らくお休みして申し訳けありませんでした。私事ですが私の所属する会社でファイナンス(つまり株主よりお金をお預かりすること)があり、自分で作業をしていたので忙殺されてしまったのです。

 この間、米国San JoseのLinuxWorld/Expo、中国北京で中国初のLinuxWorld/Expo、また台湾へも行ってきました。また当社の“ばんび”氏にインドのバンガロールで開催された、第1回のインドのLinuxWorld/Expoに参加してもらい、市場調査をしてもらいました。

 その結果分かったことは中国・インドではLinuxおよびオープンソースビジネスが急速に立ち上っているということでした。先進工業国のオープンソースへの取り組みとは異なり、中国・インドでは、個人的にオープンソースへコミットする、というスタイルはあまり多くありません。ただ、企業や研究室での取り組みという点では、非常に熱心で、ある意味では日本以上のところがあります。

 インドは自分自身で行ったわけではないので、ばんび氏の文章を引用してみようと思います。

前へ 1 2 3 4 次へ

ピックアップ