このページの本文へ

「Linux Conference 2000 Fall」事前参加登録開始

2000年09月29日 14時51分更新

文● 植山 類

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 日本Linux協会(JLA)主催の「Linux Conference 2000 Fall」(以下LC2000 Fall)の事前参加登録が開始された。LC2000 Fallでは、2000年11月29日(水)~12月1日(金)の3日間にわたり、Linuxをはじめとするオープンソース関連のチュートリアルなどが行なわれる。会場は京都市の国立京都国際会館。

 今回のLC2000 Fallは、(株)オライリー・ジャパン主催の「Perl/Ruby Conference」も併せて開催される。

 有料セッションのスピーカーには、Ruby開発者のまつもと ゆきひろ氏や、「プログラミングPerl」(いわゆる「らくだ本」)の翻訳者 近藤嘉雪氏、日本PostgreSQLユーザ会 理事長の石井達夫氏、LinuxJapan編集長 風穴 江氏などキーパーソンが登場する予定。

 参加事前申し込みは11月15日までとなっており、10月31日までの登録者には、LC2000 Fall参加費が1000円~2000円、有料チュートリアル参加費が一律2000円割引される。申し込みはWeb/ファクスで受け付けられるが、ファクスの場合、登録処理手数料として2000円が徴収される。

カテゴリートップへ

ピックアップ