このページの本文へ

大塚商会と日本IBM、ERPソフト「SMILEα for TurboLinux」の販売で協業

2000年09月27日 00時00分更新

文● 植山 類

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 (株)大塚商会と日本アイ・ビー・エム(株)は、中小企業向け統合型基幹業務システム「SMILEα for TurboLinux」の販売で協業すると発表した。

 SMILEαは、販売や財務・人事・給与など企業の蓄積する情報を統一的に管理するソフトウェア。豊富な帳票・データ出力を可能にする「自由集計オプション」や、データ分析ツールなど、蓄積した情報を活用することができる。

 大塚商会は、日本IBMのPCサーバ「Netfinity」を推奨機種として、早期に「Smileα for TurboLinux」の市場を開拓するという。発売開始に合わせて、2000年10月から両社共同でプロモーション活動を展開する予定。日本IBMにとって今回の協業は、中小規模の市場において「Netfinity 1000」や「Netfinity 3000」などのPCサーバの拡販が図れるメリットがあるという。

カテゴリートップへ

ピックアップ