このページの本文へ

O'ReillyのZope Book、早期ドラフト版がWebで公開

2000年09月13日 21時48分更新

文● 植山 類

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 O'Reilly & Associatesから出版予定の「Zope Book」の早期ドラフトが、www.zope.orgで公開された。これはO'Reillyの編集やテクニカルレビューを経たものではないが、序文を含む12章が無償で提供されており、自由に読むことができる。商用利用や改変・再配布などは許されていないが、Zope Bookの出版後は、OpenContentライセンスの元で公開されるという。

 Zopeは、ダイナミックなコンテンツからなるWebサイトを容易に作成できるオブジェクト指向のアプリケーションサーバ。主にスクリプト言語Pythonで記述されており、Apacheに似たオープンソースライセンスを採用している。

 各章の構成は次のとおり。

  • Chapter 1: Using Zope
  • Chapter 2: Using Basic Zope Objects
  • Chapter 3: Dynamic Content with DTML
  • Chapter 4: Creating Basic Zope Applications
  • Chapter 5: Users and Security
  • Chapter 6: Advanced DTML
  • Chapter 7: Advanced Zope Scripting
  • Chapter 8: Relational Database Connectivity
  • Chapter 9: Searching and Categorizing Content
  • Chapter 10: Application Design and Scalability
  • Chapter 11: Extending Zope

 まだ未記述のところも多いが、一見する価値はあるだろう。

カテゴリートップへ

ピックアップ