このページの本文へ

EricssonとRed Hat、ワイヤレス分野で戦略的イニシアチブを発表

2000年08月03日 19時25分更新

文● 植山 類

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 携帯電話大手のEricssonと米Red Hatは8月1日、ホームコミュニケーション分野におけるコンシュマー製品およびサービスを開発するために、戦略的イニシアチブを設立した。

 両社は共同で、組み込みRed Hat Linuxなどのオープンソース技術やJavaを活用してコンシュマー製品を開発する。製品では近距離無線技術「Bluetooth」や広帯域ネットワークなど既存の標準をサポートするという。またEricssonは、この事業の一環として、組み込みRed Hat LinuxのGNU開発ツールなどの技術をRed Hatと共同で開発する。

 このパートナーシップによる初めての製品は、Ericssonのコードレススクリーン電話で、発売は今年末に予定されている。

 組み込み用途でのLinuxの活用は、最近急速に脚光を浴びはじめた分野だ。オープンソースゆえのカスタマイズ性や、UNIX互換を目指して作られたため初めからネットワークをサポートしていること、そして無料で利用できることなどが理由である。Caldera Systemsの子会社Lineoをはじめとする多くの企業が、組み込みLinux分野に参入している。

 IDCの調査では、2005年度にはハンドヘルド/ノートブック型式の情報機器がPCの出荷台数を超えると予測されている。

カテゴリートップへ

  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!