このページの本文へ

  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurlに登録
  • StumbleUponに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • Facebookでシェア
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • お気に入りに登録
  • 本文印刷

「VMware Beta 2.0.1 for Linux」配布開始

2000年05月29日 00時00分更新

文● 沖中弘史

 米VMwareは、「VMware Beta 2.0.1 for Linux」の配布を開始した。バグフィックスが主な内容となっている。ベータ版とはいえ、2.0以降アップデート版が配布されるのは今回が初めて。

 VMwareは同社の主力製品で、Windows NT/2000、Linux上で動作し、それらのOS(ホストOS)上に仮想マシンを作りあげることができるソフトウェア。ユーザーはその仮想マシン上で別のOS(ゲストOS)を動作させることができ、それにより1台のマシン上で複数のOSを使うことが可能となる。

 前バージョンからの主な変更点は以下のとおり。

  • ホストOSとして「Red Hat Linux 6.2」、「SuSE Linux 6.4」、「OpenLinux 2.4」をサポート
  • Raw Disk(※1)関連のバグフィックス
  • ゲストOSのWindows 95/98が起動しないことがあるバグをフィックス
※1 VMwareのゲストOSのファイルとホストOSのファイルシステムの関係には、以下の3形態が存在する。 Virtual Disk:ホストOS上の1ファイルとしてゲストOSのファイルシステムが作られる(この中にゲストOSのすべてのファイルが入っている)。Raw Disk:Linuxには、1つのファイルが2GBまでという制限が存在するため、「Virtual Disk」では、2GB以上の「Virtual Disk」を作成することができない。「Raw Disk」は、「Virtual Disk」の制限をなくすためにディスクやパーティションを直接利用できるようにしたもの。Plain Disk:ホストOSで使用している複数のディスクをひとつのディスクイメージとして使用できる。

 ダウンロードは同社のWebサイトから可能。ファイルサイズは約6MB。

カテゴリートップへ

ピックアップ