このページの本文へ

GNOME 1.2がリリース

2000年05月26日 14時50分更新

文● 植山 類

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 GNOME Projectは5月25日、フリーなデスクトップ環境「GNOME」(GNU Network Object Model Environment)の安定最新版「GNOME 1.2」をリリースした。GNOMEはGNUプロジェクトの一部で、KDEと並んで人気のあるデスクトップ環境だ。

 GNOME 1.2では「GNOME UIチーム」が結成され、ユーザインターフェイスがより洗練された。また、安定性の向上やヘルプ/ドキュメントの充実、GNOME APIの仕様の文書化などもなされている。

GNOME Control Panel
GNOME 1.2のデフォルト状態のGnome Control Panel

 ソースコードのダウンロードは、GNOMEのFTPサイトから行なうことができる。または、GNOMEのサポートおよびネットワークサービスを販売する米Helix Codeが公開しているバイナリパッケージをインストールすることも可能だ。現状では以下のOS/ディストリビューションに対応したパッケージが存在する。

  • Solaris 2.7 on UltraSparc
  • LinuxPPC 2000
  • Debian GNU/Linux 2.3 (Woody)
  • TurboLinux 6.0
  • Yellow Dog Linux Champion Server 1.2
  • RedHat Linux 6.0、6.1、6.2
  • SuSE Linux 6.3、6.4
  • Linux Mandrake 6.1、7.0、7.1
  • Caldera OpenLinux eDesktop 2.4

 また、GNOME Projectのホームページが、GNOME 1.2のリリースに合わせてデザインを変更した。以前のページに比べてシンプルで美しくなっている。

カテゴリートップへ

ピックアップ