このページの本文へ

米IBM、Webページ作成ソフト「IBM NetObjects TopPage for Linux」のベータ版を公開

2000年04月14日 02時36分更新

文● 沖中弘史

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 米IBMは、Webページ作成ソフト「IBM NetObjects TopPage for Linux」のベータ版を公開した。

 同製品は、日本では「ホームページ・ビルダー」として知られており、「IBM NetObjects TopPage」Windows版は59.95ドルで販売されている。また、2000年の2月にもベータ版が公開されており、今回で2度目の公開となる。ダウンロードは、同社のWebサイトから可能。ベータ版の使用期限は、2000年12月31日までとなっている。ファイルサイズは、以下のとおり。

  • toppage-0.9-1.i386.rpm(16.7MB)
  • toppage-docs-0.9-1.i386.rpm(9.4MB)
  • toppage-tutorial-0.9-1.i386.rpm(22.5MB)

 また、「TopPage for Linux」を動作させるためには、Windowsのエミュレーションを行なうソフトウェアである「Wine」が必要となるが、同製品用にカスタマイズされた「Wine for TopPage」を記事末のURLからダウンロードできる。ファイルサイズは以下のとおり。

  • toppage-wine-0.9-2.i386.rpm(16.5MB)

 日刊アスキー編集部で動作確認してみたところ、「LASER5 Linux 6.0 Rel.2」上では、さしたる問題もなくインストールできた。

「TopPage for Linux」の起動画面
「TopPage for Linux」の起動画面
サンプルページ画像
サンプルページを表示させた
文字化けページ画像
フォントの設定を変えて、日本語を表示させようとしたが、文字化けしてしまった

 英語版「ホームページ・ビルダー」ということで、日本語の表示ができることを期待したのだが、残念ながらできなかった。日本アイ・ビー・エム(株)が、「ホームページ・ビルダー」のLinux版をリリースしてくれるのを期待したい。

カテゴリートップへ