このページの本文へ

サン・マイクロシステムズ(株)、「StarOffice」の日本国内での名称を変更

2000年02月17日 05時50分更新

文● 沖中 弘史

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 サン・マイクロシステムズ(株)は、オフィススィート製品「StarOffice」の日本国内での名称を変更する。

 「StarOffice」という名称は、すでに日本電気(株)によって同社のグループウェア/アプリケーションサーバ製品の名称として、日本において商標登録されているほか、アジア諸国において登録を出願している。この変更は、同名称が日本国内では使用できないために日本電気(株)と協議のうえ行なわれる。日本国内における新しい名称は、「SunOffice」となる。

 「StarOffice」は、米Sun Microsystemsが1999年8月に開発元の独StarDivisionを買収し、無償配布しているオフィススィート製品で、Solaris、Linux、Windows 95/98/NTなどで動作する。同製品の日本語版が2000年8月に予定されている。

カテゴリートップへ

ピックアップ