このページの本文へ

イスラエルのCheck Point Software Technologies、セキュリティ統合ソフト「Check Point 2000 Edition」を発売

2000年01月27日 00時00分更新

文● 高柳政弘

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 イスラエルのCheck Point Software Technologiesは25日、Linuxをサポートしたインターネットセキュリティ統合ソフト「Check Point 2000 Edition」を2月に発売すると発表した。価格は未定。

不正行為の検出

 すべてのファイアウォールおよびVPNゲートウェイを介したトラフィックパターンを分析し、不正や疑わしいイベントを検出する機能を備える。不正行為を検出すると、管理者に自動的に対応方法を通知するという。

SAA(Secure Authentication API)の採用

 セキュア認証API(SAA)がサポートされ、サードパーティ製の声紋や指紋などの認証製品なども使用できる。

VPEの装備

 セキュリティ管理ツール「Visual Policy Editor」が加わる。Visual Policy Editorは、ファイアウォール、VPN、サーバ、ネットワーク、ルータなどのオブジェクト、およびそれらの相互関係をグラフィック表示するソフトウェア。

 対応プラットフォームは、Red Hat LinuxとWindows 2000。

カテゴリートップへ

ピックアップ