このページの本文へ

Windowsエミュレータ「Wine」#24がリリース

2000年01月05日 23時13分更新

文● 高柳政弘

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Windowsエミュレータ「Wine」がマイナーバージョンアップされ、#24になった。Wineは、X Window System上でWindowsのエミュレーションを行なうソフトウェア。対応OSは、Linux、FreeBSD、Solarisなど。#24では、「Microsoft Word 97」の“Webレイアウト”モード時での画面表示の不具合を解消している。なお、コンパイラ「gcc 2.95」を使用することで、Windowがあちこちに動き回るバグ(Y軸を0に設定する必要があった)を回避できるという。

カテゴリートップへ

ピックアップ