このページの本文へ

Linux Internationalization Initiativeが、Linuxテクニカルセミナーを開催

2000年01月04日 19時20分更新

文● 高柳政弘

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Linux Internationalization Initiative(以下Li18nux)は、Linux テクニカルセミナー“標準ライブラリとLinuxの国際化 - glibc入門とglibcの国際化について”を1月14日に開催する。Li18nuxは、Linuxの国際化を図るボランティアベースの非営利団体。会場は、日本オラクル(株)本社の17階セミナールーム。受け付け開始時間は18時で、セミナーは18時30分から始まる。下記のWebサイトで申し込みを受け付けている。参加資格は特にないが、定員の120名になり次第受け付けを締め切るという。セミナーの参加費用は無料。なお、セミナー後に催される懇親会に出席する場合は、1000円の会費が必要となる。

 セミナーでは、glibcの開発メンバーであるUlrich Drepper氏が、“glibcの国際化の観点から現状と今後について”と題した講演を行なう。

カテゴリートップへ

ピックアップ