このページの本文へ

KDEの統合開発環境「KDevelop 1.0」がリリース

1999年11月06日 00時00分更新

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 4カ月間にわたるベータテストを終え、KDevelopプロジェクトは12月6日、KDEバージョン1系のためのC/C++統合開発環境 (IDE; Integrated Development Environment) 「KDevelop 1.0」をリリースした。

 KDevelopはGPL2のもとに配布されるフリーソフトウェアで、ウィザードベースのプロジェクトジェネレータや、ダイアログエディタ、クラスブラウザ、エディタなどの本格的なIDEを提供する。統合デバッガについてはまだ開発中であり、標準の配布物には含まれていないが、パッチはすでに存在する。

 同プロジェクトは続けて開発を行なっており、現在、将来のQtライブラリおよびKDEバージョン2への対応も進めている。

カテゴリートップへ

ピックアップ