このページの本文へ

ターボリナックス ジャパン(株)が、TurboLinux Server 日本語版 6.0シリーズを発売

1999年11月29日 14時48分更新

文● 吉川

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ターボリナックス ジャパン(株)は、同社のサーバ向けディストリビューションの最新バージョン「TurboLinux Server 日本語版 6.0」を、12月15日より発売する。カーネルが2.2系に移行された。

 前バージョンの1.2では、

  • カーネル 2.0.38
  • ライブラリ glibc-2.0.7

だったものを、今回の6.0では

  • カーネル 2.2.13
  • ライブラリ glibc-2.1.2

にアップグレードしているほか、今回も米Enhanced Software Technologiesのバックアップ用のソフトウェア「BRU」をバンドルしている。

 さらに、今回のバージョンでは、「SOHO Edition」がラインナップに加わった。これは、Webブラウザでサーバの設定が可能な、(株)ホライズン・デジタル・エンタープライズの「HDE LinuxController for TurboLinux」をバンドルしたもの。ただし、BRUはバンドルされていない。

 サポートは、対応ハードウェアの認識および設定、インストールまでの範囲に限定した、Web/メールによる90日間3インシデントまでのオンラインサポートとなっている。

 価格は、

TurboLinux Server 日本語版 6.0
標準価格 2万9800円
アップグレード 1万9800円
アカデミックプライス 1万9800円
アカデミック版アップグレード 1万4800円
TurboLinux Server 日本語版 6.0 SOHO Edition
標準価格 1万9800円
アップグレード 1万4800円
アカデミックプライス 1万4800円
アカデミック版アップグレード 9800円

となっている。アップグレードパスの対象者は、TurboLinux Server 1.0、1.2ユーザーと、アカデミック版ユーザー。アップグレード版は、ターボリナックス ジャパンのWebサイトのみで販売される。

カテゴリートップへ

ピックアップ