このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 6 7 次へ

SQL Server 7.0、FlashPixなどを活用し、顧客本位の情報商品提供を

トヨタ自動車 Gazooセンター

1999年09月29日 07時15分更新

文● アスキーNT/加賀

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

トヨタ自動車は、車両仕様の多様化や、車販売における顧客意識の変化のなか、同社の新車/中古車情報などを提供するサービスGazoo(ガズー)を1年前にスタート。SQL Server 7.0とLivePicture ImageServerを利用してシステムを構築し、高い可用性とスケーラビリティを維持したIISの運用のためにCisco LocalDirectorを導入している

プリウス写真

  • SQL Server 7.0により運用の手間を軽減し、コンテンツ開発に注力
  • FlashPixで、高画質で効果的な画像情報を低コストで提供
  • 低価格のPC上のIISをLocalDirectorにより冗長構成にし、高いパフォーマンスを実現

トヨタ自動車株式会社

  • 設立:1937年8月28日
  • 本社:愛知県豊田市トヨタ町1番地
  • 資本金:3785億円
  • 売上高:9兆1047億円
  • 従業員数:約7万1000人

トヨタ自動車は、豊田自動織機製作所の自動車部として1933年9月にその前身がスタート。同年12月に取締役会で自動車製造への進出が決定したあと、1937年8月トヨタ自動車工業が設立。1950年4月にトヨタ自動車販売が設立され、後の1982年7月に、トヨタ自動車工業とトヨタ自動車販売が合併し、現在のトヨタ自動車となった。300社を越える子会社・関連企業により、自動車および産業車両、輸送用機器やその部品の製造・販売をはじめ、住宅事業やマリン事業、情報通信事業を行なっている

前へ 1 2 3 4 5 6 7 次へ

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ