このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

LinuxWorld Conference & Expo New York 2001 速報レポート(その3)

2001年02月04日 17時05分更新

文● 宮原徹

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

日本の皆さん、み。@びっぐあぽーです。
NYは、道を歩いていると、道から、ビルの上からやたらと蒸気が湯気をあげて上がっていて、なかなか不思議な感じです。こればっかりは見てみないと分からないですね。そんなNYからLinuxWorld Conference & Expoのようすを速報でお伝えいたします。

2月3日

さて、今日でLinuxWorldも最終日です。最終日の基調講演は独SuSEにより行なわれました。

基調講演:独SuSE

ヨーロッパの主要ディストリビューションンベンダーであるSuSEのCTO(最高技術責任者)であるDirk Hohndel氏が講演を行なった。

Dirk Hohndel氏写真
Dirk Hohndel氏
氏の講演のテーマも、エンタープライズシステムにおけるLinuxの活用について。特に興味を引いたのが、欧州における有名企業のLinux採用の状況である。米国はともかく、日本においては欧州でのLinuxの活用状況はなかなか聞こえてこないが、ERPベンダーである米SAPの「MySAP.com」がLinuxを使ってサービスを提供しているほか、ルフトハンザ航空や、ヨーロッパではAOLに次いでNo2のASPである「T Online」などもLinuxを採用しているという。

日本への進出も噂されているSuSEだが、ヨーロッパでの実績を着実に積みつつあるようである。



会場のようす

さて、会期も最後ということで、会場全体をもう一度廻って、面白いものをピックアップしてきました。

ピンクの海老?

寿司の看板写真会場の入り口に立っていた看板。ピンク色の海老が眩しい。

アメリカといえば

キックボード写真最近はキックボード(こっちではSCOOTERという)も流行ていますが、やっぱりスケボーでしょう。最近社名が元に戻ったBORLANDロゴ入りのスケボーとスノーボード。

米国版ミ○スカポリス?

ポリスウーマン写真意味もなく、ポリスウーマンの格好をしている女性。逮捕されたい??

マーベルコミックス?

はちまきTux写真アメコミよろしく、目の開いたハチマキとマント姿のペンギンTux。

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

ピックアップ