このページの本文へ

でんさテクノ東京、Linuxサポート業務においてLinuxcareと提携

1999年07月16日 00時00分更新

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 (株)でんさテクノ東京(DTTS)と米Linuxcareは、Linuxサポート/サービス業務において提携したと発表した。

 DTTSは、日立電子サービス(株)の100%子会社で、企業向けシステムインテグレーションやエンドユーザー向けサポートなどを提供する企業。いっぽう、Linuxcareは、Linuxのサポートを提供する企業として約1年前に設立された。主要ディストリビューションのほとんどをサポートし、今年の春からは24時間電話サポートなどのサービスも提供している。

 今回の提携で、DDTSはLinuxcareの技術支援を受け、カーネルレベルでのサポートを行なうという。これは、「レベル3 バックラインサポート」と呼ばれるもので、これによりDTTSは国内において高水準のサポートを提供できるという。

 DTTSは6月に東京・秋葉原にLinuxのサポート/教育サービスを行なう「総合Linuxソリューションセンター」を開設している。同センターを拠点としてLinuxサポート業務を拡大していく。

カテゴリートップへ

ピックアップ